葉酸の過剰摂取による副作用

葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。

ですが、それでかえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気を付けてください。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから葉酸サプリをおススメします。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸を摂った方が良いと思います。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。病院の検査で妊娠が分かってから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなるだけでなくホルモンバランスが良くなり、妊娠しやすい体作りができるのです。

葉酸の効果・選び方について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です